岐阜県 印刷業界の技術向上・発展を担う ぎふ印刷翠陽クラブ

翠陽クラブご紹介

HOME > 翠陽クラブご紹介

クラブ概要

<目的>

本クラブは昭和34年5月創立以来、近代社会に沿うべき知性と教養を身につけ、 印刷及び印刷関連人の力を結集し会員相互の連絡、親睦を促進し、併せて印刷及 び印刷関連業の発展を図ることを目的とし会の運営を行う。

<クラブ員>

岐阜県内に居住し、印刷および印刷関連業を営む満20才以上、二世以上を原則とする。

<事業>

1.技術および経営研究会の開催  
2.工場見学の実施  
3.情報の交換  
4.各地グループ間の交流  
5.先代遺徳の顕彰  
6.その他目的に必要と認めたる事 

クラブ歌

「未来に向けて」
作詞 林 伸好
作曲 安藤公二
一、 緑の四つ葉 燦然と   
集う印刷 若人が   
叡知を磨き 弛まずに   
心一つに 結ばれて   
共に語ろう 共に語ろう   
我ら印刷 翠陽クラブ
logo.jpg
翠陽クラブロゴマーク
二、 真紅の炎 胸に秘め   
視野は世界に 先駆けて   
文化を創る 心意気   
未来に向けて 堂々と   
共に進もう 共に進もう   
我ら印刷 翠陽クラブ
三、 紺碧の空 果てしなく   
時代を担う 丈夫が   
寄せる荒波 打ち砕き   
内なる血潮 たぎらせて   
共に栄えん 共に栄えん   
我ら印刷 翠陽クラブ

沿革

年度 歴代会長 沿革
昭和34年度 創設 5・13
クラブ発会式 於 協和レストラン
名称を岐阜翠陽クラブと定める。
規約作成etc
7・18
7月例会 於 長良川畔鐘秀館
東京印刷同友会、神戸若人会、名古屋而立会、 岐阜翠陽クラブ合同懇親会
昭和35年度   1・13
1月例会 於 かき松
34年度事業報告及び役員改選
昭和36年度 初代
小野木 豊三
4・12
4月例会 於 コロンビヤ
「欧米の近況を語る」 ㈱太洋社専務 林宗次氏
昭和37年度 二代
舟橋 正
6・16~17
工場見学及び親睦旅行
本田技研工業㈱鈴鹿製作所見学後浜島へ、
南風荘宿泊 翌朝内宮参拝
昭和38年度   5・26~27
全国青年印刷人緑友会総会開催
於 岐阜商工会議所
昭和39年度 三代
伊藤 繁
10・5~7
第1回印刷緑友会セミナー
於 神奈川県大磯ロングビーチホテル
昭和40年度 四代
堀部 稔
2・18
特別例会  「賃金問題に関して」
愛知大学教授 南岩男氏
昭和41年度   3・13
特別講演会 於 岐阜商工会議所
「印刷業近代化基本計画の概要」
中井四郎氏
「印刷業近代化に於ける凸版のあり方」
斉藤喜徳氏
「印刷業近代化に於ける平版のあり方」
昭和42年度 五代
大鹿 洪司
クラブ名を「ぎふ印刷翠陽クラブ」と改称した。
2・8
2月例会 於 岐阜商工会議所
「あなたの適性検査」 経営者協会 益田氏
昭和43年度   5・18
名古屋而立会との合同例会
「設備近代化と今後の業界」
東印工組常務理事 塚田益男氏
昭和44年度 六代
大野 郁朗
5・7
5月例会 於 岐阜商工会議所
「スマートな接客話術」
NHK中央放送局 津田弥氏
昭和45年度   8・12
8月例会 於 岐阜会館
「道路交通法法令講習会」
クラブ員、従業員との合同研修会
昭和46年度 七代
若山 晃-
マンスリー発行始まる
5・12
5月例会 於 岐阜商工会議所
「コンピュータについて」 宮地講師
昭和47年度   10・7~8
全国印刷緑友会岐阜大会
於 産業会館 ホテルパークみなと館
昭和48年度 八代
中島 俊宥
4・21
第16回全国印刷緑友会総会 (東京)で
若山晃一氏が第十代幹事長(緑友会長)に選出され
昭和48年4月~50年4月の2年間を勤めた。
昭和49年度 九代
林 伸好
11・4
11月例会 「家族会」
於 犬山ラインパーク
昭和50年度   4・2
4月例会 於 岐阜商工会議所
「いかにして儲けるかその対策と方法」
「魅力的な職場を作る為には」
研修討論会  講師 若山君、中島君
昭和51年度 十代
水谷 勝彦
8・28
全国印刷緑友会常任幹事会
於 ホテルパークみなと館
昭和52年度   5・11
5月例会 於 京町小学校体育館
「ヨガ体操」 岐阜美療センター 宇佐見陽子氏
昭和53年度 十一代
鴻村 満
11・3
創立20周年記念大会
於 長良川ホテル
昭和54年度   4・14
第22回全国印刷緑友会岐阜総会
於 長良川ホテル
6月
マンスリーレポート100号記念発刊
昭和55年度 十二代
飯尾 寛
2・6
2月例会 於 岐阜商工会議所
根性シリーズNo.1 「勝つためのチームづくり」
県立岐阜女子商業高 安田善冶郎氏
昭和56年度  

11・21
11月例会  於 岐阜商工会議所
翠陽クラブ特別講演会
「内外の政治経済の情勢と今後の印刷業について」
参議院議員 井上 計先生

昭和57年度 十三代
伊藤 孟
9・8
9月例会 於 (株)第1電力建設社
ワードプロセッサーとは
専 務 横山鐵三氏
昭和58年度 十四代
安藤 公二
10・5
10月例会 於 商工会議所
「ニューセラミックスと先端技術」
日本特殊陶業(株) 八木秀明氏
昭和59年度   9・29~30
第27回全国印刷緑友会岐阜大会
於 岐阜グランドホテル
昭和60年度 十五代
若山 和正
1・19~20
新年総会及び親睦旅行(伊勢神宮)
於 ホテルニュー浜島
昭和61年度   10・13
特別研修例会 於 長良川ハイツ
「これからの管理監督者の役割り」
PEC産業教育センター 山田日登志氏
昭和62年度 十六代
河野 俊昭
3・4
3月例会 於 岐阜商工会議所
「売上税について」
公認会計士 内木一雄氏
昭和63年度   10・15
ぎふ印刷翠陽クラブ
30周年記念パーティー
於 長良川ホテル新館
平成元年度 十七代
井奈波 博之
7・5
7月例会 於 岐阜商工会議所
「私の見た日本」 ナイマ・モハメッド女史
平成2年度   9・1~2
第33回全国印刷緑友会名古屋大会
研修例会扱い 於 名古屋キャッスルホテル
平成3年度 十八代
安藤 博
3・6
3月例会 於 岐阜商工会議所
「コミュニケーションゲーム」
片桐会計事務所所長 片桐耕造氏
6・18
当時副会長と翌年のセミナー実行委員長を
務められていた森広国氏の突然の死去により
岡田忍氏がその代行を努める。
平成4年度 十九代
岡田 忍
2・8
第25回全国印刷緑友会岐阜セミナー
テーマ「小さな輪から大きな輪へ夢ネットワーク」
於 岐阜グランドホテル
11・11
公開セミナー 於 長良川ハイツ
「ハガキ道に生きる」 講師 坂田成美氏
この年より事業年度を4月1日から翌年3月31日とする。
平成5年度 二十代
森 弘安
11・9
特別研修例会「会社訪問」
京都 於 写真化学、フリーダム、兼文堂
平成6年度 二十一代
大鹿 道徳
開発途上国への支援を目的に1万枚の「プリペイドカード」回収
1・11
1月例会 於 名古屋国際ホテル
「接客もてなしの心」
名古屋国際ホテル 取締役人材育成部長 秋田美津子氏
平成7年度 二十二代
小野木慶明
11.11
11月例会 於 ポリテクカレッジ岐阜
マルチメディア 実践編
ポリテクカレッジ岐阜 佐藤延男先生・五藤三樹先生
平成8年度 二十三代
高橋 一郎
7.19
7月例会 於 岐阜商工会議所
名古屋而立会と金沢青年印刷人との合同例会
「見積ソフトと印刷業」
緑友ネットワーク推進委員 白井慶吾氏
8月
マンスリー300号記念誌 「飛翔」発行
平成9年度 二十四代
舟橋 伸治
11.5
11月特別例会 於 未来会館
公開セミナー「売上を伸ばす企業づくり」
株式会社ヒマラヤ取締役社長 小森裕作氏
平成10年度   会員数が59名となり歴代最高会員数となる。
7.11
ぎふ印刷翠陽クラブ
40周年記念パーティー
於 長良川ホテル新館
平成11年度 二十五代
根村 俊朗
11.2
11月例会 於 岐阜商工会議所
経営者に学ぶ
㈱焼き肉屋さかい社長 坂井哲夫氏
平成12年度 二十六代
野原 康正
11.10
11月例会 企業見学
於 イビデン(青柳工場)、ソフトピアジャパン ドリームコア
平成13年度 二十七代
大洞 正和
9.8~10
第44回全国印刷緑友会岐阜大会
テーマ「新風来伝」
於 岐阜ルネッサンスホテル
平成14年度    2.5
「ヘルシーレクチャーで健康体操」
日本エアロビクス協会会員 恩田莉津子氏
平成15年度 二十八代
石神 修司
 3.3
公開セミナー
「THE ART OF PROFIT~印刷会社の新たな市場(収益拡大)」
西川印刷(株)専務取締役 西川誠也氏
平成16年度    10・6 研修例会
「夢は人を動かす」
(株)恵那川上屋 代表取締役 鎌田真吾氏
平成17年度 二十九代
若山 雅彦
 5.14~15
(株)ウィルコーポレーション視察見学
8.19
企業見学会 トヨタ自動車(株)
平成18年度 三十代
伊藤 大輔
 2.7 研修例会
「経営は継続して栄えなければ意味がない」
(株)CoCo壱番屋 顧問 宗次徳二氏
平成19年度 三十一代
飯尾 賢
 6.17
長良川 ラフティング
平成20年度    9.13
創立50周年記念式典および第50回全国印刷緑友会岐阜大会
平成21年度 三十二代
中島 孝
1年間を通し”新たなビジネスチャンスを創造しチャレンジしよう”と題し研修を進める。
平成22年度 三十三代
渡邊 広行
CSR(企業の社会的責任)について年間を通し研修
平成23年度 三十四代
久世 裕之
10.5
オープンセミナー
「~脳から変える最強思考の組織作り~」
株式会社サンリ 代表取締役社長 西田一見氏
平成24年度 三十五代
田中 猛文
2.6
オープンセミナー(後援:岐阜県印刷工業組合等)
「経営者に学ぶ」
森松工業株式会社 代表取締役 松久 信夫氏
平成25年度 三十六代
林 哲也
2.15
PRINTNEXT2014 「常識をぶち壊せ!」
平成26年度 三十七代
小森 孝綱
年間テーマ 「原点回帰 そして与える喜びを」 
トナーカートリッジ回収事業
平成27年度 三十八代
野口 貴之
10.7
会社見学 大洞印刷株式会社様
平成28年度 三十九代
今井 修一郎
新入会員募集委員会を立ち上げ、次世代を担う県内の有望な印刷人の加入を促した。

会員規約

第1条(名 称)
本クラブは、ぎふ印刷翠陽クラブと称する。

第2条(目 的)
本クラブは、近代社会に沿うべき知性と教養を身につけ、印刷および印刷関連人の力を結集し、」会員相互の連絡親睦を促進し、併せて印刷および印刷関連業の発展を図る目的とする。

第3条(事務所)
本クラブの事務所は、会長の指定する場所に置く。

第4条(事 業)
本クラブは、第2条の目的達成に必要と認めたる次の事業を行う。
1.技術および経営研究会の開催
2.工場見学の実施
3.情報の交換
4.各地グループ間の交流
5.先代遺徳の顕彰
6.その他第2条の目的に必要と認めたる事

第5条(クラブ員)
1.岐阜県内に居住し、印刷および印刷関連業を営む満20才以上、二世以上を原則とする。
2.クラブへの入会は、クラブ員2名以上の推薦者を持ち理事会全員の承認を得て、例会にて出席者の2/3以上の賛同を得るものとする。
3.クラブ員が病気その他やむを得ない事情によりある一定期間継続的に例会に出席できない場合、休会届けを提出し、理事会の承認を得て、休会することが出来る。
4.退会を希望するものは、退会届を会長に提出しなければならない。
5.年度の中途に退会を届出ても、その年度の所定の会費は納入しなければならない。

第6条(資格の喪失)
1.クラブ員が定例クラブ会合に50%以上の欠席をした場合。
2.クラブ員の名誉をきずつけた場合。
  以上の各項に抵触した場合には退会勧告することがある。

第7条(収 入)
本クラブの事業および運営は、会費・寄付金をもってこれに当てる。

第8条(役 員)
本クラブに下記の役員を置く。
1.理事 12名以内(理事は会長・副会長・会計・委員長)
2.会長1名、副会長2名、会計1名、委員長数名
3.監事 2名以内
4.本クラブの運営上、相談役を若干名を置くことができる。

第9条(役員の選出および任期)
1.次期会長は、現会長の指名とする。
2.次期副会長は、次期会長の指名とする。
3.会計及び委員長は、次期会長が次期副会長と協議の上指名し、会員の承認を得る。
4.相談役および監事は理事会の指名による。
5.役員の任期は、1ヵ年とする。但し、再選を妨げない。

第9条の2(議決権の代理執行)
1.各委員会の副委員長は、次期委員長が次期会長・次期副会長と協議の上、指名する。
2.副委員長は、委員会の運営・担当例会及び各委員会の担当業務に於いて委員長を補佐する。また、理事会に委員長が欠席する場合は代理出席し、議決権を代理執行する。

第10条(会 議)
1.総会は、クラブ員の2分の1以上を定足数とし、議事は出席クラブ員の過半数により決する。
2.理事会は理事の2分の1を定足数とし、議事は出席理事の過半数により決する。
3.理事会はクラブ員の総意に基づき本クラブの運営にあたる。

第11条(会則の改正)
本クラブの会則の改正は、理事会の承認を得て総会にて行う。

第12条(事業年度)
本クラブの事業年度は、4月1日に始まり3月31日に終る。

第13条(会計年度)
本クラブの会計年度は、4月1日に始まり3月31日に終る。

組織図


会の規約に沿って選出された理事により構成されクラブ運営の中枢をつかさどる

リンク集

全国印刷緑友会 http://www.greenfriend.jp/
岐阜県印刷工業組合 http://www.chuokai-gifu.or.jp/giinkoso/mainfram.html
岐阜県中小企業団体中央会 http://www.chuokai-gifu.or.jp/
日本印刷技術協会 http://www.jagat.or.jp/
印刷タイムス http://www.monz.co.jp/
日経プレスリリース http://release.nikkei.co.jp/
ゆうびんホームページ http://www.post.japanpost.jp/index.html
NTT西日本D-mail http://dmail.denpo-west.ne.jp
価格ドットコム http://kakaku.com/
国内線ドットコム http://www.kokunaisen.com/counter/reservation/index.jsp
ちず丸TownNavi http://www.chizumaru.com/index.aspx
岐阜県製本紙工工業組合 http://www.chuokai-gifu.or.jp/seihon/

全国緑友会

CSR事業 「リサイクルブックエイド」について

リサイクルブックエイドとは・・・
社団法人シャンティ国際ボランティア会を通し読み終わった本や聞き終わったCD、DVDやゲームソフトをブックオフ様の宅本便システムを利用してアジアの学校に行けない子供たちを支援していくシステムです。

申し込みの手順は
みかん箱程度の箱に集まった本、CD、DVDなどを詰めてください。
ただし、送れない物もあります。こちらのアドレスで確認してください。
http://sva.or.jp/bookaid/flow/ (申し込みの流れも確認できます。)

準備ができたら申し込みをします。
申し込みはインターネットで下記アドレスにアクセスしてください。
http://sva.or.jp/bookaid/ 

ホームページ左のメニューの「お申し込み」をクイックします。
申し込み画面が表示されたら必要事項を入力し申し込みをしてください。
名前の入力は 「緑友会_ぎふ印刷翠陽クラブ_●●●●(依頼者氏名)」と入力してください。
備考欄にはコード番号「№69451」と必ず入力してください

後日、宅配業者が申し込み時に入力した住所まで引き取りにきます。

前のページへ ページトップへ