岐阜県 印刷業界の技術向上・発展を担う ぎふ印刷翠陽クラブ

会長挨拶

HOME > 会長挨拶 > 会長挨拶

会長挨拶

40th.jpg



ぎふ印刷翠陽クラブ


          第40代会長

     高井 博之

未来に繋ぐ
link to the future


翠陽クラブ会員の皆様、ならびにOB会員の皆様、日頃から当クラブの活動にご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。この度、昨年12月の臨時総会におきまして今井会長より本年度の会長に指名され、責任の重さをひしひしと感じております。なにぶん若輩で微力ではありますが当クラブの更なる発展と進化に少しでも貢献できるよう今年一年精一杯取り組んでまいります。何卒ご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

会長をお引き受けするにあたり「どんな一年にしようか?」自分なりに何度も考えました。そしてたどり着いた答えが、スローガンにも掲げた「未来に繋ぐ・link to the future」です。 具体的にいうと「魅力的な会を作り、会員数を増やし、明るい未来のある会にする!」ということです。
ここ数年、会員数の減少が進み全盛期の半分にも満たない状態です。やはり年に2〜3名の新入会員が必要だと思います。このままでは、毎月の例会、3委員会での活動、緑友会との繋がり、毎月のマンスリー発行など、今までの伝統が少しずつ途絶えてしまいます。今が会員数の限界に思います。そして新たな仲間が増えていかないと会に活気が生まれません。今後新たに事業を継がれる若い印刷人の為にも、何とかぎふ印刷翠陽クラブをこの先何十年も続く会にしていきたいと考えています。
今年一年、研修例会は「講師例会を基本とした外部から知恵や刺激を感じてもらう例会」を、親睦例会は「この先、一生付き合える仲間を作る」を、総務広報は「HP、SNS、マンスリーを活用し、当会の活動を多くの人に発信し新入会員の獲得につなげる活動」を、それぞれ目指して頑張っていきましょう。

そんな中、来年度は「ぎふ印刷翠陽クラブ創立60周年」の年となります。まだ具体的なことは何も決まっていませんが10月の準備例会から本格的にスタートします。企画や運営には多くの時間や労力が必要なりますが、普段の年では経験できない「勉強の場」と捉え、是非積極的に関わって頂きたいと思います。

最後に、会員皆が、翠陽クラブに入会して良かった、例会に参加して良かったと思えるような1年間にしたいと思います。微力な私ですが、皆様方のお力添えを頂きながら、一生懸命務めてまいります。何卒、ご指導ご協力の程、よろしくお願いいたします。


前のページへ ページトップへ