岐阜県 印刷業界の技術向上・発展を担う ぎふ印刷翠陽クラブ

会長挨拶

HOME > 会長挨拶 > 会長挨拶

会長挨拶





ぎふ印刷翠陽クラブ


          第44代会長

    奥田 知一

スローガン「真価値追求」

会員の皆様、並びにOBの皆様方におかれましては益々のご清栄のこととお喜び申し上げます。平素より当クラブの活動に多大なるご理解とご協力いただき、誠にありがとうございます。

2020年は誰もが想像しえなかった年となりました。
オリンピック景気に沸き、景気浮揚を期待されたはずの日本経済も、100年に一度といわれる新型コロナウイルスの影響で世界的に経済活動がストップしたため、多くの産業において需要が蒸発し景気が低迷。世の中のあらゆる価値観が劇的に変化しました。

翠陽クラブでいえば昨年度末からの予定していた計画をことごとく実行することが出来ず、常に変更と決断を迫られる苦難の年でした。
これまで当たり前に集まり、顔を合わせ、互いに学びあい、酒を飲み心を通わせあうことが出来なくなってしまいました。逆にこれまで当たり前だったことがもはや当たり前ではない、本当に貴重な機会であった事に気づかされました。

翠陽クラブの根本は、印刷業を軸とした周辺各企業の集まりの中で、同世代が集まり学び刺激しあい、会社に戻って利益をもたらすことです。
またそうであるからこそ、仲間と時間を共有し、互いを理解しあい会員同士、ひいては家族をも含めた繋がりを深めることが出来ます。

今年度の研修では漠然と受け流す研修ではなく、年間を通じた長期タームでの研修とし、それが今後の自分の会社にどう生かしていくのか、どう生かしたかの結果にこだわった負荷のかかる内容。また、親睦では数少ない貴重な機会であるからこそ記憶に残り密度の濃い内容にしたいと思います。

2021年は今後どのような展開を迎えるのかわかりませんが、あらためて翠陽クラブが存在しているからこそ、在籍しているからこそ得られる機会を大切にし、その真の価値を見つめ直し新しい価値を付加する年にしたいと思います。

1年間ご指導ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


前のページへ ページトップへ